ヘッダーを飛ばし本文へ

【ACADEMY】食育講義

2018/05/23

5/19(土)

 
アカデミーでは、本物のアスリートを育成するためにグラウンドでの練習だけではなく、様々な分野の知識や物に触れる取り組みに力を入れています。
今回はその一環として『食育』の講義を受講いたしました。

教師、漁師、農家、銀座のママ等、様々なお仕事を経験され、現在は日本のおだしの持つ素晴らしさを世に広める活動を展開されている『おだしプロジェクト』の主催者である土岐山協子さんを講師にお招きいたしました。

土岐山さんは『食べる事は自分以外のものを体内に取り入れ自分自身と一体化させる作業。人が生きるためには自分以外の人や物に優しく大切にする気持ちが大事です』と、食というテーマを通じて人が生きる上で非常に大切にすべきことを語ってくださいました。

講義の後半では、実際に鰹節を削る体験コーナーも設けられ、初めて鰹節を削るアカデミー生がたくさんいたこともあり、皆楽しそうに削っている姿が印象的でした。

『私の話は明日忘れてると思うけど、今日削った鰹節の香りや味はきっと覚えてるはず。食事を楽しむことを大事にしてほしい』という講義後の土岐山さんの言葉通り、日曜日の練習では『今日の朝は昨日の鰹節でお味噌汁を作りました!』と笑顔で報告をしてくれた選手も!
土岐山さんの熱意はしっかりとアカデミー生達にも伝わったようです。

これからも食事を楽しむことを忘れずに、立派なアスリート力を育んでいきたいと思います。
土岐山さんありがとうございました!

ページの先頭へ